FC2ブログ
東海合同労組は、1人でも入れる職種を越えた労働組合です。 正社員だけでなく、パート・アルバイト・派遣・請負の皆さんも入れます。 組合に入ることで、闘う武器を手にしましょう!
QRコード

東海合同労組

Author:東海合同労組
携帯・スマホからでもOKです

東海合同労組へは?
東海合同労組には、事務所が2か所あります。
名古屋(金山)
(〒456-0012)名古屋市熱田区沢上1-6-12
TEL&FAX…052-710-1700
携帯…090-9337-4275
三重(四日市)
(〒510-0067)四日市市浜田町14-10 シャンピアスズキ 702号室
TEL…090-9268-0670
メールでは tokai_goudou@yahoo.co.jpまでメールをお寄せください。
月別アーカイブ


PC094217_convert_20181210143117.jpg
 12月9日、東海合同労組第15回定期大会をイーブルなごやで開催し、「情勢」「現状報告と方針」を坂野委員長が提起し、質疑・応答を経て賛成多数で可決し、役員体制の承認とストライキ権の確立を行いました。
 また合同・一般労働組合全国協議会傘下の徳島医療福祉労働組合、徳島合同労働組合、群馬合同労働組合、合同労組レイバーユニオン福岡、一般合同労組北陸ユニオン、みやぎ連帯ユニオン、関西合同労働組合から激励のメッセージをもらいました。
 暖かい励ましのメッセージに参加した組合員は、全国の闘う仲間との団結を固めました。
PC094219_convert_20181210143212.jpg
 執行委員長あいさつで、坂野委員長は、韓国民主労総ソウル地域本部から動労千葉訪韓団90余名に贈呈されたツナ缶を、組合員に紹介しました。(写真)
 ツナ缶は、大会終了後の団結!忘年会で、ツナ缶とレタスとマヨネーズをミックスしたサラダとなって、組合員の胃袋に入りました。韓国民主労総ソウル地域本部の皆さんに、感謝!感謝!です。
PC094221_convert_20181210143259.jpg
 連帯のあいさつとして、池田(自衛隊)裁判をともに闘う会より、原告の池田頼将さんから、連帯の挨拶を受けました。(写真)
 東海合同労組は、原告の池田頼将さんと池田(自衛隊)裁判をともに闘う会と一体となって、2019年2月に予定されている被告国側の証人尋問の山場を、勝利的に闘っていきます。
 団結(タンギョル)!闘争(ツジェン)!                   東海合同労組 執行委員長 坂野康男記
スポンサーサイト
2018/12/10 15:00 未分類 TB(0) CM(0)
PB104135_convert_20181111193902.jpg
 11月10日、韓国・ソウルで開催された民主労総のチョン・テイル烈士精神継承2018全国労働者大会に、90人を超える動労千葉の訪韓団が合流し、日本での11・4労働者集会&改憲阻止!1万人大行進に続く「東京―ソウルを結ぶ国際共同行動」として民主労総ソウル地域本部とともに闘ってきました。
 東海合同労組の青年部長と坂野委員長は、昨年に引き続き、韓国民主労総が主催する全国労働者大会に参加してきました。午前中に民主労総ソウル地域本部で、動労千葉訪韓団の前段集会が開催され、動労千葉田中委員長が、訪韓闘争の意義を訴えました。
PB104136_convert_20181111193934.jpg
 続いて、動労水戸の石井委員長が、国際連帯を作り出すために民主労総の全国労働者大会に参加するなどと発言しました。
PB104137_convert_20181111194002.jpg
 全学連の高原恭平委員長は、訪韓団の学生を代表して、挨拶を行いました。
PB104138_convert_20181111194028.jpg
 民主労総ソウル地域本部からは、KBS 非正規職支会のチボンヒさんが、「正規職組合と非正規職組合が統合する局面に来ている」と闘いの前進などを報告しました。
PB104139_convert_20181111194049.jpg
 動労千葉訪韓団は、団結ガンバローで、前段集会を終え、近くの食べ放題の食堂で昼食を取り、ソウル支庁前に移動しました。
PB104167_convert_20181111194115.jpg
 ソウル支庁前の道路を集会場にして、民主労総の産別部隊が、色とりどりに、練り歩きをしていました。
PB104173_convert_20181111194141.jpg
 青年部長が東海合同労組のノボリを掲げて、国際連帯闘争の熱気を味わってきました。
PB104183_convert_20181111194213.jpg
 15時の開会宣言で始まった民主労総の全国労働者大会は、6万人が集まり、組合旗の入場行進で、一気に盛り上がりました。
PB104195_convert_20181111194258.jpg
 デモ隊は、光化門で左右に分かれ、青瓦台(大統領府)近くまで、進みました。去年はそこまでは行けなかったのですが、労働者側の大きな前進を感じました。
PB104203_convert_20181111194327.jpg
  デモ隊は、青瓦台(大統領府)直近まで進み、総括集会が行われました。
  動労千葉の田中委員長は、「今日のデモをして、2016年11月に参加した100万人のデモを思い出した。パククネ政権は倒されたが、まだ労働者をめぐる問題は解決していません。今も労働者の力と、まだ倒れていない反動の力が正面からせめぎあっている。もう一歩新しい前進は、もちろん韓国の労働者の課題ですが、その時に日本の労働者が同じような闘いをすることが絶対の条件ではないか。連帯して立ち上がることが必要だ」 「私たちの力はまだ安倍政権を倒すには至っていないが、やるべきことはある。小さければ、大きくなればいい。私たちは自分自身を鍛えてきた。これからは無数の怒りと結びつく力を見つけ出すことだ。それが労働運動をよみがえらせる力だ」「日本の労働者には大きな力がある。一つは、一度は侵略戦争をして、でも二度と戦争だけはしてはならないと、これが原点だ。このことを命がけで訴えよう。さらに、団結と怒る力を奪われていても、怒っていない労働者はいない。その怒りを私たちが引き出すことだ。そして、新自由主義がもたらした社会の崩壊との対決をどうやったら具体的な運動にできるのか。この三つがそろったら、日本の労働者は力を取り戻すことができる。これが私たちの任務であり、今日学んだことです。これを持ち帰って闘いましょう」と総括を提起しました。
 東海合同労組の仲間の皆さん!皆さんの熱い訪韓カンパによって、青年部長と坂野委員長は、訪韓闘争に今年も参加することが出来ました。感謝、感謝です。 
 この熱い国際連帯の息吹を、12月9日(日)13時から開催れる東海合同労組第15回定期大会の成功へ、結び付けましょう!
 団結(タンギョル)!闘争(ツジェン)!
                         東海合同労組 執行委員長 坂野康男




2018/11/11 19:58 未分類 TB(0) CM(0)
PB044017_convert_20181107133756.jpg
 11月4日、全国労働者総決起集会/改憲阻止!1万人大行進が東京・日比谷野外音楽堂で開催され、全国・全世界から4800人が集まりました。愛知・三重・岐阜の東海合同労組や池田自衛隊裁判を闘う仲間が、マイクロバスで大挙して参加しました。
 集会は、「ストップ9条改憲発議! 労働大改悪・総非正規職化と闘おう! 国鉄1047名解雇撤回! 第3の分割・民営化攻撃粉砕! 改憲・戦争に向けた労組破壊を許すな! 連帯労組関西生コン支部弾圧をはね返そう!」のスローガンが掲げられました。また「関西地区生コン支部への弾圧を許さない」決議が採択されました。
 集会冒頭には、全国の闘う労働組合旗やユニオンのノボリなどを持った参加者が、登壇し圧巻のオープニングでした。
PB044033_convert_20181107133915.jpg
 韓国民主労総ソウル地域本部の訪日団全員が登壇して、チャジンガク事務処長が、11・10チョンテイル烈士精神継承全国労働者大会から11・21積弊清算・労組活動の権利・社会大改革のゼネストを闘うとアピール。
PB044042_convert_20181107133955.jpg
 大量解雇攻撃にストライキで反撃する台湾富士ゼロックス労働組合の闘いを、桃園市産業総労組書記のウーチャホンさんが報告。
 PB044049_convert_20181107134046.jpg
 第3の分割・民営化や解雇撤回・JR復帰を闘う動労千葉など動労総連合が力強く発言。
PB044073_convert_20181107134127.jpg
 「安倍を倒せ!」「改憲発議させない」のメッセージボードで埋め尽くされる。
PB044086_convert_20181107134205.jpg
 青年労働者による韓国AGC旭硝子非正規職支会の闘いを表現した朗読劇に会場から大きな声援が起きた。
PB044094_convert_20181107134240.jpg
 築地市場の豊洲移転に反対する水産仲卸の宮原洋志さんが、築地市場に戻る決意を表明。
PB044096_convert_20181107134311.jpg
 星野暁子さんは、愛する夫=星野文昭さんの解放へ11・25高松全国集会を呼びかけた。
PB044097_convert_20181107134343.jpg
 全学連の高原恭平委員長が、「共産主義者として労働者階級を支配階級に高める闘いを貫く」などと発言し大きな拍手で沸いた。
PB044105_convert_20181107134541.jpg
 東海合同労組などの参加者は、改憲・戦争阻止大行進や池田自衛隊裁判をともに闘う会などのノボリを掲げて、シュプレヒコール。
p20181104_241-768x506.jpg
 集会後、警察権力と右翼の妨害をはねのけて銀座デモが、意気高く行われました。

                      東海合同労組 執行委員長 坂野康男
2018/11/07 14:03 未分類 TB(0) CM(0)
国鉄千葉動力車労働組合(動労千葉)より全国労働者総決起集会&改憲阻止1万人行進への呼びかけです。

タブロイドタイプビラ PDF 




(以下、動労千葉をはじめ、5団体からの呼びかけ文です)
改憲・戦争、労働大改悪と闘う
  
11・4全国労働者総決起集会/改憲阻止!1万人大行進への賛同と参加のお願い


全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部
全国金属機械労働組合港合同
国鉄千葉動力車労働組合
国鉄分割・民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援する全国運動
改憲・戦争阻止!大行進


 「闘う労働組合の全国ネットワークをつくろう」と訴えて始まった11月労働者集会は今年で21回目を迎えます。その旗の下に結集して下さった全国の皆様に心から感謝申し上げます。
 安倍首相は8月12日、秋の臨時国会に、自民党改憲案を提出すると表明しました。9月の党総裁選で、改憲を主要な争点に掲げ、「2020年新憲法施行」に向けて強引につき進もうとしているのです。米トランプ政権は国家主義をふりかざし、激しい関税戦争、国際的争闘戦に踏み出しています。
 戦後70余年にわたって阻んできた改憲・戦争への扉が開かれようとしています。憲法9条に自衛隊保有を明記すれば、9条はその意味を失い、戦争を合法化する条項に変質します。「戦争だけは二度としてはならない」「改憲は絶対許してはならない」は、戦後日本労働運動の最大の原点でした。改憲とは労働運動・労働基本権を解体し、民主的な社会のあり方を根本から覆す攻撃です。
 安倍政権は、国会前を埋め尽くした怒りの声をふみにじり、「働き方改革一括法案」を強行採決しました。それは、「戦後70年のなかで最大の転換」と自ら称したように、戦後労働法制を最後的に破壊するもう一つの改憲攻撃でした。過労死を合法化し、労働者を総非正規職化し、「労働組合の存在しない社会」をつくろうとしているのです。労契法の「無期雇用転換」をめぐり、数百万人もの非正規職労働者が首を切られ、あるいは「一生最低賃金」を強制されています。
 その一方で、国会審議の大半が、森友・加計問題をはじめ、政権の腐敗と権力犯罪を居直るために重ねられたウソ、詭弁、口裏合わせに費やされたのです。民主主義は窒息し、国家暴力だけが横行しています。
 労働運動は激しい攻撃にさらされています。JRの職場では、経営幹部が首相官邸に呼びつけられたことを契機に、わずか数ヵ月の間に3万5千人が組合を脱退する激しい労組破壊攻撃が始まっています。民営化に率先協力した御用組合までつぶし、JRをバラバラに分社化し、労働者を転籍に駆り立てようとしているのです。動労千葉は、今も、国鉄分割・民営化から総評解散に至った戦後最大の労働運動解体攻撃に抗し、労働運動の変革をめざして闘いぬいています。
 全日建連帯労組関西地区生コン支部は、強力な団結力を武器に、ゼネコンやセメントメーカーの収奪にあえぐ中小企業を協同組合に組織し、巨大資本が支配する産業構造に立ち向かう画期的な産業別労働運動を組織しています。今、その闘いに権力と資本が一体となった大弾圧が襲いかかっています。それは、全国金属機械・港合同が「団結は労働者が生きるための崇高な権利」と訴えて地域を一つの労働組合として組織し、関生支部と共に大阪に築きあげた闘いの拠点を破壊する攻撃でもあります。
 一方、安倍政権と資本の手によって連合最大労組に育成されたUAゼンセンは、9月の大会で「憲法9条2項を削除し、自衛隊を明記する」という「国の基本問題に関する方針」を決定しようとしています。かつて労働運動が解体され、産業報国会に再編されたとき戦争は現実のものになりました。その歴史の教訓を今こそ見すえなければなりません。
 
30年に及ぶ新自由主義攻撃は、膨大な労働者を非正規職に突き落とし、団結と権利を打ち砕き、社会保障、医療、教育を破壊して暴れ回りました。西日本豪雨災害は地方切り捨て政策が生み出した国家犯罪です。もうすべてが限界です。怒りの声は社会の隅々に積みあがっています。その声は韓国では「ろうそく革命」となってパククネ政権を倒し、アメリカでは「教育崩壊」の恐るべき現実に対し「ラストベルト」の教育労働者が一斉にストライキに立ち上がっています。
11月集会・1万人大行進には世界各地から闘う仲間たちが結集します。今こそ闘う労働運動を甦らせよう。改憲発議を絶対に
阻止しよう。新自由主義攻撃を終わらせよう。労働者の国際連帯闘争を発展させよう。沖縄や福島、三里塚の怒りと共に闘おう。表記集会への参加と賛同を心から訴えます。

◎日 時 2018年11月4日(日) 正午~ 全国労働者総決起集会
                    14時~ 改憲阻止!1万人大行進 ※15時20分デモ出発
◎場 所 東京・日比谷野外音楽堂
◎賛同金 個人一口500円 / 団体一口1000円(一口以上でお願いいたします)
◎振込先 郵便振替00140―5―605635 / 加入者名 国鉄千葉動力車労働組合
◎事務局 千葉市中央区要町2―8 DC会館 ℡043(222)7207 FAX043(224)7197
2018/10/25 00:00 未分類 TB(0) CM(0)
PA214000_convert_20181023135735.jpg
 国際反戦デーの10月21日、全国の仲間と連帯して、愛知・三重・岐阜から新人を含む15名が東海合同労組事務所に集まり、東海合同労組青年部と池田自衛隊裁判をともに闘う会主催の改憲阻止!学習会を開催しました。
 山本志都弁護士の改憲阻止講演録をテキストに読み合わせて学習しました。新人参加者は「憲法9条をなくしたら子供を戦争に出すことになる。」と発言。別の新人参加者も「改憲阻止は、労働組合が軸になった反戦運動があって実現できる」と発言。全員の活発な発言で大いに盛り上がる中、11・4全国労働者集会/一万人大行進への総決起を確認しました。
 続いて金山駅前街宣に起ちました。(写真)
 青年労働者が先頭でマイクを握って改憲阻止!安倍倒せ!11・4東京日比谷野音へ!と訴えました。11・4集会タブロイド版ビラと闘う労働者学生の新聞前進をセットに100部配布しました。改憲阻止署名は20筆集まりました。
 11・4東京日比谷野音へ!共に闘わん!
                                      東海合同労組 執行委員長 坂野康男
2018/10/23 14:01 未分類 TB(0) CM(0)
ブログ内検索