2・27各務原PAC3闘争

021_convert_20090228111435.jpg
PAC3配備に怒りの抗議!
2・27各務原市岐阜基地前で申し入れ行動
 2月26日未明にPAC3が岐阜基地に配備された。配備に反対してきた「岐阜基地にパトリオットミサイルはいらない!各務原行動実行委員会」から緊急行動が呼びかけられ、基地への抗議行動に参加したので報告します。 (報告者SK)

 2月27日、東海合同労組は愛知労組交流センター、とめよう戦争への道!百万人署名運動愛知連絡会の仲間と共に抗議の申し入れ書を持って岐阜基地申し入れ行動に参加しました。
 小雨が降る中、申し入れ行動が行われました。最初に各務原実行委員会が「PAC3配備に抗議しこれ以上の搬入中止、撤去を求める」と抗議・申し入れ書を渡しました。「岐阜基地へのPAC3配備の中止を求める会」など各務原や大垣の市民が続々と申し入れ書を読み上げました。
 東海合同労組は、「PAC3配備は労働者への解雇攻撃と一体だ。帝国主義こそ共通の敵だ。制服を着た労働者=自衛官は帝国主義打倒の労働者のストライキに合流しよう!」と訴えた。愛知労組交流センターは、「労働者の国際的団結が戦争を止める、3・15トヨタデモを!」と訴えました。
 申し入れ行動終了後は、参加団体が今日の闘いの意義を確認して住民への訴えなど今後の運動の拡大を確認しました。

~~~~~~~~~~~以下、東海合同労組の抗議アピールより 
航空自衛隊岐阜基地司令 森本哲生様
防衛大臣 浜田靖一  様   
内閣総理大臣 麻生太郎 様

一 岐阜基地へのPAC3ミサイル配備を弾劾する!
 
 26日午前3時過ぎ、航空自衛隊岐阜基地にパトリオットミサイルの配備が強行されたことを強く弾劾します。 パトリオットミサイル配備は、先制攻撃戦略をとる在日米軍の作戦行動のエスカレートをもたらすだけでなく、自衛隊の侵略軍隊化にともなう国民総動員態勢づくりを強化するものになります。 弾道ミサイルを海上から発射するSM3と地上からのパトリオットで撃ち落とすという想定自体が、憲法で禁じられている集団的自衛権の行使をはらむものです。それは、弾道ミサイルが発射される前に先制攻撃することが実際には想定されているからです。
憲法が改悪できないまま、日米共同の侵略戦争態勢強化に突っ込んでいく自衛隊の暴走、それがパトリオットミサイル配備に他なりません。また莫大な軍事予算に日米の軍需産業がむらがりいくつもの汚職事件を生み出していますが、ミサイル防衛構想こそ腐敗の温床と言われています。
「新規の配備ではなくPAC2の更新」「住民の生命財産を守るための専守防衛の手段」という岐阜県などへの説明は配備の本当の狙いを隠したまま、地元住民や自治体を戦時体制に組み込んでいこうというものです。私たちは、地域の住民と働くものの立場から、岐阜基地へのパトリオットミサイル配備をとりやめること、新部隊の編成を中止すること、ミサイル防衛計画そのものの撤回を強く求めます。

二 日米共同戦争態勢発動と憲法改悪に反対する!

 海上自衛隊のソマリア沖派兵は、「後方支援」「給油」を越えて最初から武器を使って「敵」と交戦・制圧する実戦への突入にほかなりません。自衛隊=軍隊が支配階級のために海外で戦争に踏み出すとき、その銃口は日本の労働者民衆にも向けられているのです。米軍と自衛隊の密接な協力と実戦的一体化が中東で始まっており、アジアでの戦争発動をもにらんで憲法9条改悪も策動されています。
 世界金融大恐慌の本格化のなかで、資本主義をまもるための大量首切りと国鉄分割民営化の全社会化といわれる道州制攻撃に対し、生きさせろゼネストに青年労働者がたちあがりつつあります。
 米軍の侵略戦争と占領にたいしイラクとアメリカの労働者民衆がストライキを含む闘いにたちあがっているのをはじめ、イスラエルのパレスチナからの撤退、米軍の中東からの撤退を求める一斉行動が3月20日にむかって全世界で闘われます。全世界の労働者民衆の共通の敵は、帝国主義にほかなりません。 隊内の仲間のみなさんに、イラクの民衆を殺すな!軍需産業と利権政治の犠牲になるな!憲法を壊すな!侵略出兵を拒否しよう!労働者のストライキに銃口を向けるなの声をとどけ、労働者民衆とともパトリオットミサイル配備阻止のスクラムを組むことを呼びかけます。そして世界中で労働者民衆の生活と命を蹂躙し、侵略戦争を繰り返す帝国主義を倒す闘いに隊内の兵士も合流しよう!

 最後に、再度岐阜基地司令に要求します。地元住民をだまし、自治体に金をばらまいて戦争態勢にまきこむパトリオットミサイル配備をただちに中止せよ!                         
                                       2009年2月27日
 
東海合同労組
スポンサーサイト
東海合同労組へは?
東海合同労組には、事務所が2か所あります。
名古屋(金山)
(〒456-0012)名古屋市熱田区沢上1-6-12
TEL&FAX…052-710-1700
携帯…090-9337-4275
三重(四日市)
(〒510-0067)四日市市浜田町14-10 シャンピアスズキ 702号室
TEL…090-9268-0670
メールでは tokai_goudou@yahoo.co.jpまでメールをお寄せください。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
リンク