被爆65周年8・6ヒロシマ大行動に起つ!(8・5~6広島)

026_convert_20100812160841.jpg
原爆投下の8月6日の8時15分、菅来広弾劾!原爆祈念式典弾劾のデモ隊が爆心地原爆ドーム前に到着した(写真上)。機動隊の厳戒体制を粉砕して全国から結集した労働者・学生620名は、菅首相やアメリカ大使ルースや英仏ロなど核保有国の式典参加を弾劾して「労働者の団結で核をなくせ!戦争を止めろ!」と怒りのデモを貫徹しました。東海合同労組や愛知・三重の労組交流センター、愛知・三重・岐阜の百万人署名運動や日本アラブ未来協会の仲間は、ゼッケンをつけのぼりを掲げて全国の仲間とともに闘い抜きました。
 8・6祈念式典弾劾デモに先だって、7時から日赤原爆病院前にある東千田公園で決起集会が開催されました。主催は8・6広島-8・9長崎反戦反核全国統一実行委です。
 反戦被爆者の会の大槻泰生さんは「ついに労働者・学生が世界を変える時が来た」と発言しました。反戦被爆者の会の下田礼子さんも「昨日の青年集会に参加して心強く思いました。米韓軍事演習で北朝鮮への核攻撃を狙うアメリカは許せない」と怒りを表明しました。被爆二世の中島健さんは「オバマを賛美する秋葉市長や原水禁・原水協では闘えない。労働者の団結で核戦争を止めるのはここにいる私たちだ」と訴えました。
048_convert_20100812160923.jpg
全世界の労働者・民衆の団結で核をなくせ!改憲・戦争をとめよう!被爆65周年8・6ヒロシマ大行動が広島県立総合体育館小アリーナで開催され、全国から1800人の労働者・学生・市民が参加し熱気あふれる集会をかちとりました。(写真上から2枚目)
 基調提起を行ったセイブ・ザ・イラクチルドレン広島代表の大江厚子さんは「7月25日から28日、北朝鮮に対する核戦争を想定した米韓軍事演習が強行された。『ヒロシマ・ナガサキをくり返すな!』の声と運動がつぶされるのか、それとも核も戦争もない世界の実現に向かうのか、今年はその正念場です」と核心を提起しました。そして「平和祈念式典に初めて核保有国のアメリカ、フランス、イギリスの大使が出席しました。さらにはパン・ギムン国連事務総長や国際原子力機構の天野事務総長まで初参加しました。秋葉市長やマスコミは大絶賛しているがとんでもありません。オバマ政権はイラン・北朝鮮への核攻撃を進めています。民主党・管首相の式典参加も許せません。辺野古新基地建設強行を宣言し韓国の哨戒艦沈没事件では北朝鮮制裁の口火を切りました。そして昨年に続く田母神講演などファッスト勢力の登場に対して闘う労働組合をつくり労働者民衆の団結ではね返しましょう」とオバマ賛美の流れを弾劾しました。その上で「沖縄と安保をめぐる闘いは、戦争・核戦争を阻止するたたかいそのものです。それはヒロシマの闘いと一体です。8・6ヒロシマから60年、70年安保闘争を超える安保・沖縄の闘いのうねりをおおきくしていきましょう」と訴えました。また「第二次世界大戦は、労働組合がつぶされ産業報国会として戦争翼賛に変質し労働者民衆が戦争に動員されていく中で引き起こされました。反戦・反核をになう労働組合運動をつくりましょう。国鉄1047名解雇撤回闘争の『4・9政治和解』は国鉄闘争解体の攻撃です。国鉄闘争の火が消えるとき日本の労働運動の火も消える。これをはねかえす国鉄全国運動が動労千葉の呼びかけで力強くスタートしました。この国鉄全国運動の総決起大会としてある11月労働者総決起集会に私たちも総結集して新たな反戦・反核運動の軸を作るために全力をあげましょう!世界の労働者民衆の団結と国債連帯の発展こそ核を無くし戦争を阻む本当の力です。私たちの団結した行動と力で核と戦争のない社会を作りましょう」と国鉄全国運動を軸にした国際連帯の発展を呼びかけました。
050_convert_20100812161005.jpg
いよいよ早朝デモに引き続いての1800人の大デモです。デモ隊は、原水禁・原水協や秋葉市長のオバマ賛美のキャンペーンを粉砕し世界の労働者・学生の国際連帯で核と戦争を止めようと決意も新たに広島の繁華街を通り爆心地までデモに出発しました。
 デモ隊は「ヒロシマ・ナガサキをくり返すな!」「菅首相の式典出席弾劾!」「核保有国の式典参加弾劾!」「ヒロシマを核戦争に利用するな!」「北朝鮮への核攻撃を許すな!」「沖縄を侵略の基地にするな!」「戦争を続けるオバマを倒せ!」「秋葉市長のオバマ賛美を許さないぞ!」「核武装を叫ぶ田母神を許すな!」「国鉄1047名解雇撤回!」「闘う労働組合をつくろう!」とシュプレヒコールを繰り返しました。
062_convert_20100812161054.jpg
広島の労働者・市民の反応はすごい。夕方からの田母神元航空幕僚長による「ヒロシマの平和を疑う!」講演会を弾劾するビラが手渡され、それに応えて手を振る青年がいる。そしてデモ隊に飛び込んできた青年・学生まで現れました。
 デモ解散地の原爆資料館前まで炎天下のヒロシマを、東海合同労組や愛知労組交流センターなどののぼりを掲げて元気よくデモを貫徹しました。(写真下)
ヒロシマを闘いぬいた全国の仲間の力で、11月国際連帯労働者総決起集会には一万人結集を実現しよう。
(S記)
068_convert_20100812161151.jpg

続きを読む

スポンサーサイト
東海合同労組へは?
東海合同労組には、事務所が2か所あります。
名古屋(金山)
(〒456-0012)名古屋市熱田区沢上1-6-12
TEL&FAX…052-710-1700
携帯…090-9337-4275
三重(四日市)
(〒510-0067)四日市市浜田町14-10 シャンピアスズキ 702号室
TEL…090-9268-0670
メールでは tokai_goudou@yahoo.co.jpまでメールをお寄せください。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
リンク