10・15東海労働者集会から11・6日比谷へ!(10月15日名古屋)

024_convert_20111016202534.jpg
 10月15日、愛知労組交流センター、三重労組交流センター、東海合同労組、ス労自主中京分会連、動労千葉を支援する会・東海が呼びかけた「反原発・反失業!怒りを力に!国鉄1047名解雇撤回!非正規職撤廃!新自由主義とたたかう労働組合のネットワークを 10・15東海労働者集会」が、名古屋市港生涯学習センターにて25名が集まって開催されました。(写真上)
 最初に司会の「今日は、ニューヨークで始まった青年労働者の『ウォール街を占拠せよ』のデモに呼応する全世界一斉行動と一体となった集会です」との開会のあいさつで始まりました。
 続いて動労千葉や関西生コン支部が呼びかけた2010年11月7日の全国労働者総決起集会(東京日比谷野音)のDVD上映が行われ、今年の11・6日比谷一万人集会への機運を盛り上げました。
 いよいよ本集会のメイン企画である「『ケンカの仕方教えます』大野義文さん講演会」(元安芸労働基準監督署長)です。大野さんは「労働法制の解体・形骸化状況:団結否定の流れ 1.労働基準法 2.労働者派遣法 3.労働審判法 4.労働契約法 国鉄1047名解雇撤回 <人の人生、勝手に決めないで!> 団結 労働者の仁義を大切に!企業犯罪を許すな!」を内容とする1時間30分に渡る熱のこもった講演を行いました。
 「経営者と労働者はどこが違うのか。労使関係に中立はない。原発と人間も非和解であるように、<やつら>と<おれたち>は非和解的関係にある。世の中に非正規労働と不安定雇用が溢れている。正社員でも過労死、精神疾患に追い込まれる職場。民主主義は工場の門前でたちすくむ。個々に分断された中では、おかしいことを「おかしい」ということは、しんどいことだ。しかし、労働組合という団結を背景にすれば、少しはしんどさも軽減できる。職場に団結を! 地域に連帯を! 労働者は団結の中でしか、<自由>と<尊厳>を取り戻せない!!!」(写真下)
 それを受けて「組合作りについての質疑・応答と職場報告」が一時間行われました。東海合同労組のH分会長は「早朝出勤時に運行管理者がいないためにタイムカードの打刻が出来ない。それを要求する法律はありますか」と質問。大野さんは「労働時間の測り方は、タイムカードや指示書、アルコール検知器などでやる。指示書が朝5時なら車両の始業点検など準備時間を労働時間としてカウントします」と答えました。東海合同労組のK分会長は「三菱重工事件判例では始業時間は作業着の着替え始めだとある。しかし会社は着替え終了からと言うが始業時間の解釈は使用者に認めているのか」と質問。大野さんは「着替えは勤務時間です。疎明資料を出して監督署に指導を求めてください」と答えました。
 最後に、司会が「今日の大野さんの講演を受けて、労働者の団結を拡大する11月6日の全国労働者総決起集会へここにいるすべての皆さんが参加することを訴えます」との閉会のあいさつを行い、団結ガンバローで集会を終了しました。
 10・15東海労働者集会は、今年になって共産党傘下の労働組合では闘えないとして東海合同労組に結集し新たに分会を結成した新組合員が多く参加する中で、成功裏に勝ち取られました。
 「良いイベントでした。有給休暇を使用して行く価値はありました」(K分会長)「本日はすばらしい講演会をありがとうございました」(Aさん)などの感想が寄せられています。
 「反原発・反失業の国際統一行動を!国鉄1047名解雇撤回!非正規職撤廃!新自由主義と闘う労働組合の全国ネットワークを11・6全国労働者総決起集会」まであと3週間に迫りました。
 3・11大震災と福島原発大事故は資本と国家による大犯罪です。「復興」「挙国一致」など労働運動の深刻な危機に対して闘う労働組合を復権させよう。労働運動の後退・権利喪失の原点が国鉄分割民営化攻撃です。「国鉄闘争の火を消すな!」の国鉄1047名解雇撤回闘争や関西生コン支部の139日の産業ゼネスト貫徹の闘いなど新自由主義攻撃と闘い勝利するためには万国の労働者の団結が求められています。11月6日の日比谷一万人集会は、反失業・反原発、労働運動復権に向けた世界統一行動です。11・6へ共に闘いましょう!(W記)
028_convert_20111016205609.jpg
スポンサーサイト
東海合同労組へは?
東海合同労組には、事務所が2か所あります。
名古屋(金山)
(〒456-0012)名古屋市熱田区沢上1-6-12
TEL&FAX…052-710-1700
携帯…090-9337-4275
三重(四日市)
(〒510-0067)四日市市浜田町14-10 シャンピアスズキ 702号室
TEL…090-9268-0670
メールでは tokai_goudou@yahoo.co.jpまでメールをお寄せください。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
リンク