坂野分会長、堂々の証人尋問!(3月23日、愛知県労働委員会)

 3月23日の愛知県労働委員会闘争で、坂野分会長への第1回証人尋問が行われ会社を圧倒する証言を堂々と行いました。
 坂野分会長はこの日、ストライキで決起しました。
 争点は6つです。1、「被申立人の代理人選任をめぐる対立により、2010年7月20日以降、団体交渉が開催されなかったことは、被申立人による正当な理由のない団体交渉拒否にあたる」こと。
 2、「被申立人の2010年11月5日以降の坂野分会長及び今西分会員に対する生活協力金の不支給及び坂野分会長に対する最低賃金保証不支給は、組合員に対する不利益取扱い及び組合運営に対する支配介入にあたる」こと。
 3、「2010年11月5日に坂野分会長が「2010年度春闘妥結回答書」を大矢社長に手交した際の大矢社長及び今枝営業部長の対応並びに2011年1月13日の和田営業所所長の坂野分会長に対する発言は、組合運営に対する支配介入にあたる」こと。
 4、「2011年1月13日以降、被申立人が坂野分会長と今西分会員に対し、午前7時、午前8時、午前9時以外の乗務を禁じたことは、組合員に対する不利益取扱い及び組合運営に対する支配介入にあたる」こと。
 5、「被申立人が2010年9月16日付で一定の営業成績に満たない者に対する公休出勤現金支払いを禁じたことは、組合員に対する不利益取扱い及び組合運営に対する支配介入にあたる」こと。
 6、「2010年11月25日に運行管理責任者Aが坂野分会長の乗務を禁じたことに対する申立人の損害回復要求に対して、被申立人がAの行為は正当な業務遂行であるとして要求に応じなかったことは、組合員に対する不利益取扱い及び組合運営に対する支配介入にあたる」こと。
を2時間30分かけて堂々たる主張を行いました。会社はいたたまれなくなり篠田相談役が「事実と違う」と不規則発言をしたり、代理人が「事実を認めていない部分はそれを前提とする質問は分かりにくい」などとケチつけをしてきましたが、今西組合員が「我々は弁護士ではないんだぞ」と一喝する場面もありました。
 坂野分会長は、6日間の連続した休みを取ってQ&Aの作成に全力投入しましたがそれでも当日の労働委員会の会場まで準備を持ち越す所もありました。それだけ労働委員会での証人尋問は、労働委員会闘争の中でも最大の山場であり争点が6つに拡大したこともあり、6日間の準備では間に合わないのは当たり前位の中身が要求されるものでした。そうした大きな課題に組合の団結した力で立ち向かい堂々たる証人尋問を実現することができたことは、組合にとっての財産となりました。この財産は、これからの組合運営と組織拡大にとって大きな力を発揮するものと確信します。
 次の山場は、6月1日(金)13時から行われる坂野分会長への会社からの反対尋問(2時間)です。
 会社のケチつけと屁理屈に惑わされることなく会社の主張を粉砕していきましょう。同時に行われる今西組合員への証人尋問(主尋問1時間、反対尋問1時間)も決定的です。十分な準備で臨んでいきましょう。
 労働委員会の今後の日程です。6月20日(水)9時30分から篠田相談役の証人尋問が会社と組合双方の証人として全体で3時間行われます。それが終わった後に調査が一回入り証人尋問の追加を検討します。それから申立人から「最後(さいご)陳述」が書面で行われます。その後は命令作成作業に入り4カ月以内に命令が出されます。
 闘う仲間の皆さん!労働委員会の証人尋問は公開制です。誰でも傍聴が出来ますので6月1日の第2回証人尋問(坂野証人への会社からの反対尋問と今西組合員への証人尋問)への参加を訴えます!場所は、愛知県庁西庁舎8階です。
                 東海合同労組 東和交通分会 坂野分会長
スポンサーサイト
東海合同労組へは?
東海合同労組には、事務所が2か所あります。
名古屋(金山)
(〒456-0012)名古屋市熱田区沢上1-6-12
TEL&FAX…052-710-1700
携帯…090-9337-4275
三重(四日市)
(〒510-0067)四日市市浜田町14-10 シャンピアスズキ 702号室
TEL…090-9268-0670
メールでは tokai_goudou@yahoo.co.jpまでメールをお寄せください。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
リンク