愛知県労働委員会闘争で勝利命令勝ち取る!(東和交通分会) 

愛知県労働委員会闘争で勝利命令勝ち取る!
                          東和交通分会
 


【1】はじめに 

 2010年9月28日に申し立てた東海合同労組東和交通分会の愛知県労働委員会闘争は、2年6か月の攻防を経て3月18日付けで命令書が出ました。6つの争点で2つの勝利命令を勝ち取ることが出来ました。
 東海合同労組の団結と地域の闘う仲間のみなさんの支援によってもぎ取った勝利である、と確認したいと思います。組合員の団結と闘う仲間のみなさんの支援に感謝する次第です。

【2】 命令書の内容

(1) 主文

1、被申立人は平成23年1月13日に申立人の組合員坂野康男に対し行った出勤時間の変更指示をなかったものとして取り扱い、今後、出勤時間の変更指示について、申立人の組合員を他の乗務員と差別して取り扱ってはならない。
2、被申立人は、申立人に対し、下記内容の文書を本命令書交付から1週間以内に交付しなければならない。
記 
公休出勤現金支払制度の改正の際の貴組合員への対応は労働組合法7条3号に該当する不当労働行為であること、平成23年1月13日に坂野康男、今西章夫に対し為した出勤時間の変更指示は、同条1号及び3号に該当する不当労働行為であることが愛知県労働委員会で認定されました。今後このような行為を繰り返さないようにします。
東海合同労組執行委員長坂野康男様 東和交通株式会社社長宇佐美武治 
3、その余の申立ては棄却する

(2)主文の評価

 「公休出勤現金支払い制度の改正の際の貴組合員への対応は労働組合法7条3号に該当する不当労働行為である」(支配介入)、「平成23年1月13日に坂野康男、今西章夫に対し為した出勤時間の変更指示は、同条1号及び3号に該当する不当労働行為である」(不利益取り扱いと支配介入)と認定されました。6点の争点のうち2点で勝利命令をもぎとったことを大きな勝利として確認したいと思います。
 また会社は、3月27日付内容証明郵便で上記の文書=「謝罪文」をそのまま書いて交付してきました。このことも大きな勝利であることを確認したいと思います。

(3)以下、6つの争点についての組合見解を出します。

1、被申立人の代理人選任をめぐる対立により、平成22年7月20日以降、団体交渉が開催されなかったことは、被申立人による正当な理由のない団体交渉拒否にあたるか。
 
 申立ては棄却されましたが、代理人選任をめぐって争ったことは、組合の団結権と団体交渉権を堅持する意味で大きかったと思います。憲法28条の労働三権をめぐる重要な闘いとしてしっかり総括したいと考えます。
 4回の団体交渉で追いつめられた会社は経営法曹会議とつながる二人の弁護士を代理人に立て団体交渉をめぐる組合運営に対する支配介入を行ってきました。代理人が主導して「貴組合の人数も同数を求めます」とか「出席者をFAXにて予めお知らせください」と要求し組合の団結権と団体交渉権を解体しようとしてきました。労使対等の原則と言いながら実際は労使対等ではない中で、組合員や組合から委嘱された闘う仲間の団体交渉への参加が徐々に増えていくことが会社にとって脅威だったということです。
 組合が出した代理人選任手続きをめぐる争いとは、実は組合の団結権と団体交渉権をめぐる争いだったのです。こうした攻防は全国のユニオンで争われていますが、わが組合もこの闘いの中でそれをつかんだということです。
 また会社をして「団体交渉に弁護士が参加していますが、それはあくまで代理人として助言をしてもらう趣旨である」(篠田陳述書)と言わせました。会社を飛び越えて代理人が居丈高に組合の団結権や団体交渉権の破壊を行うことに一定の歯止めをかけたものとして大きな意義があると考えます。

2、被申立人の平成22年11月5日以降の坂野分会長及び今西分会員に対する生活協力金(生活向上金)の不支給及び坂野分会長に対する給料の支給方法は、組合員に対する不利益取扱い及び組合運営に対する支配介入にあたるか。ア 平成22年度の春闘交渉は、妥結したといえるか。イ 坂野分会長に対する給料の支給は、最低賃金保証制度にのっとったものであったか。

(略)

3、平成22年11月5日に坂野分会長が「2010年度春闘妥結回答書」を大矢隆一社長に手交した際の大矢社長及び今枝営業部長の対応並びに平成23年1月13日の和田営業所所長の坂野分会長に対する発言は、組合運営に対する支配介入にあたるか。

(略)

4、平成23年1月13日付で被申立人が坂野分会長と今西分会員に対し、同月16日以降の午前7時、午前8時、午前9時以外の乗務開始を禁じたことは、組合員に対する不利益取扱い及び組合運営に対する支配介入にあたるか。

 勤務時間の変更が、不利益取り扱いと支配介入にあたると認定されました。「坂野と今西が主に夜間に乗務していたこと・・・本件出勤時間変更指示は賃金の減少を招くものであり、不利益性が認められる」「異動対象者として坂野、今西を人選したことが、合理的であったとまではいえない」「『坂野、今西が朝7時から9時に出勤しない場合、乗務させないこと。今枝営業部長』と書かれたメモ用紙があったことは・・坂野、今西に対してのみ出勤時間を厳格に遵守させようとしていたといえる」などとして組合差別を認定しました。ここでついに勝利命令を手にしました。大きな勝利です。

5、被申立人が平成22年9月16日付で一定の営業成績に満たない者に対する公休出勤現金支払いを禁じたことは、組合員に対する不利益取扱い及び組合運営に対する支配介入にあたるか。

 ここでは今西分会員の不利益取り扱いを認定しなかったが「公休出勤現金支払制度の改正の際の貴組合員への対応は労働組合法7条3号に該当する不当労働行為である」と認定しました。大きな勝利です。
 この争点で会社は、全員に適用しているから組合差別ではない点しか主に反論して来ませんでした。それに対して組合は近藤営業本部長との個別交渉での内容を証拠にして主張したことが「組合との間ではCA(現金支払い)制度改正は凍結すること及び団体交渉で協議することについて合意したものとみることができ、会社は、CA(現金支払い)制度改正を組合の組合員に対し適用する場合には、組合に協議を申し入れるなどの対応をすべきであった」として認めたということです。少数組合でも無視することは支配介入にあたると認定させた意味は大きいと考えます。

6、平成22年11月25日に運行管理責任者A が坂野分会長の乗務を禁じたことに対する申立人の損害回復要求に対して、被申立人がA の行為は正当な業務遂行であるとして要求に応じなかったことは、組合員に対する不利益取扱い及び組合運営に対する支配介入にあたるか。

 「会社は本件乗務禁止指示を組合活動とは関係のない運行管理責任者の通常業務として行われたものと認識していたとみるのが相当である」として棄却しました。しかし「会社が、・・・坂野分会長を欠勤扱いとしたこと、組合からの損害回復要求を認めなかったことは、坂野分会長を経済的に不利益に扱ったといえる」と認定しました。「経済的に不利益」を認定したことは、不払い賃金分として組合は、会社に要求できる根拠を得たといえると考えます。

【3】まとめ 

 6争点中2争点の勝利命令を勝ち取りました。組合は、この勝利と会社の謝罪文を会社内にある組合掲示版に大きく打ち出しました。ポストノーチスと同じ効果があります。
 この勝利をさらに分会機関紙「50セント」や組合ブログなどで宣伝して、組合員拡大に結び付けていくことが本当の勝利になると考えます。
 会社と闘いたいと考えているタクシー乗務員は、東海合同労組に加盟して共に闘いましょう!

           2013年4月6日 東海合同労働組合 東和交通分会 分会長 坂野康男
スポンサーサイト

解雇撤回!へ暁分会が呼びかけ!

     解雇撤回!へ暁(あかつき)分会が呼びかけ!

 来る4月12日(金)13時30分より四日市地裁(津地方裁判所四日市支部、四日市市役所の南)にて、東海合同労組暁(あかつき)分会の鈴木分会長の解雇撤回裁判の意見陳述があります。
 昼休みの時間帯には地裁前でビラまきも予定しています。東海の仲間の皆さんの参加を宜しくお願いします。

 金銭さえ払えば解雇自由、資本のやりたい放題へと労働法を解体骨抜きにしようとする動きを止める力は労働運動の復権の中にこそあります。
 暁分会の解雇撤回闘争は、裁判闘争に勝利し、法人の経営者をトコトン打ちのめすとともに、東海地域の青年労働者の団結の軸として発展させることを展望しています。

 とりわけ経営者のパワハラに声を上げられないでいる介護医療職場の労働者、非正規職の青年労働者に、労働者の団結の力こぶで職場を変えようと呼びかけるたたかいです。

 新たな東海合同労組の仲間を獲得して、自治労はじめ4月ストから6・9国鉄全国集会に攻め上り、反動安倍政権を倒しましょう。

           東海合同労組暁分会  鈴木分会長より

解説 暁解雇撤回闘争とは、三重県度会郡大紀町にある社会福祉法人仁成会が運営する介護老人保健施設「暁(あかつき)」に勤務する鈴木分会長を2012年6月16日付「解雇通告書」で同月21日で解雇する旨通知し解雇して来たことに対して解雇撤回を求めて提訴している闘いです。
東海合同労組へは?
東海合同労組には、事務所が2か所あります。
名古屋(金山)
(〒456-0012)名古屋市熱田区沢上1-6-12
TEL&FAX…052-710-1700
携帯…090-9337-4275
三重(四日市)
(〒510-0067)四日市市浜田町14-10 シャンピアスズキ 702号室
TEL…090-9268-0670
メールでは tokai_goudou@yahoo.co.jpまでメールをお寄せください。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
リンク