7・11中部電力本店と関西電力東海支社への抗議・申し入れ行動の呼びかけ

      7・11中部電力本店と関西電力東海支社への
        抗議・申し入れ行動の呼びかけ


呼びかけ団体 愛知労働組合交流センター 東海合同労働組合 NAZEN東海
                    名古屋市熱田区沢上1丁目6番12号 電話・ファックス 052-710-1700
                                             携帯電話 090-9337-4275

 7・11中部電力本店と関西電力東海支社への抗議・申し入れ行動への参加を呼びかけます!
 6月19日、原子力規制委員会は原発の新しい規制基準を7月8日に施行すると決定しました。事故時に原子炉を冷却するための電源車・消防車を配置、フィルター付きベントの設置、免振機能を持つ緊急時対策所、活断層の真上に原子炉建屋など設置禁止、最大級の「基準津波」を想定、航空機テロ対策として緊急時制御室設置などを骨格としていますが、これらはすべて原発再稼働に向けた第一歩に他なりません。
 東京電力は柏崎刈羽原発、関西電力は大飯、高浜原発、四国電力は伊方原発、九州電力は玄海、川内原発、北海道電力は泊原発などの再稼働を7月に申請しようとしています。
 原発をベトナム、アラブ首長国連邦、トルコに売り込んでいる首相安倍は「原子力規制委員会が新たな基準に適合すると認めた場合は、その判断を尊重して再稼働を進める」と再稼働宣言をしています。
自民党政調会長高市は「原発事故によって死亡者が出ている状況ではない」と原発再稼働発言を行いましたが、福島の被災者を始めとした全国の怒りの声で謝罪と撤回に追い込まれました。高市発言を擁護した菅官房長官は反省の弁もなく政調会長職続投を安倍と決めています。
 すべてがフクシマ原発事故の責任追及を圧殺し、核武装政策を維持するためのものであり、決して許すことは出来ません。6・2反原発首相官邸・国会前行動の高揚を引き継ぎ、今こそ原発再稼働阻止・被爆労働反対の声を上げていきましょう。全国労組交流センターや合同・一般労組全国協議会に結集する闘う労働組合やNAZEN(すべての原発いますぐなくそう!全国会議)を先頭に原発再稼働を絶対阻止する闘いを作り出しましょう!
 下記要綱のもと、7・11中部電力本店と関西電力東海支社への抗議・申し入れ行動を行いますので、参加を訴えます!

2013年7月11日(木)
12時~13時 街頭宣伝 中部電力本店東南角(名古屋市東区東新町1 東新町交差点北西角)
13時15分  中部電力本店   抗議・申し入れ行動
14時     関西電力東海支社 抗議・申し入れ行動


                                                 以上
スポンサーサイト
東海合同労組へは?
東海合同労組には、事務所が2か所あります。
名古屋(金山)
(〒456-0012)名古屋市熱田区沢上1-6-12
TEL&FAX…052-710-1700
携帯…090-9337-4275
三重(四日市)
(〒510-0067)四日市市浜田町14-10 シャンピアスズキ 702号室
TEL…090-9268-0670
メールでは tokai_goudou@yahoo.co.jpまでメールをお寄せください。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
リンク