5・14~16沖縄派遣団闘争報告

P5141730_convert_20160531133147.jpg
 東海合同労組は、今年の沖縄派遣団闘争を伊勢志摩サミット反対闘争としても位置付けて例年を倍する数で5・14〜16沖縄派遣団闘争を闘い抜きました。派遣団カンパを寄せてくれた組合員と仲間の皆さんに感謝します。
 「復帰」44年5・14~16沖縄闘争は、民主労総ソウル地域本部からチャンソクジュ首席副本部長とパクチャンスン政治委員長の2人を迎え、歴史的な国際連帯闘争として大成功しました。5月14日の国際通りデモに始まる3日間の闘争を通じて、基地の島・非正規職の島沖縄の現実をひっくりかえす沖縄全島ゼネストへの突破口が切り開かれました。
 5月14日夕刻、沖縄と全国から集まった労働者・学生250人が、5・15沖縄闘争の第一弾となる国際通りデモを行いました。東海合同労組派遣団は、ひめゆりの塔など南部戦跡めぐりを行った後、デモ隊に合流しました。(写真1~2枚目)
 デモ出発前、沖縄県庁前広場に集まったデモ参加者に向けて、日本IBM・ビジネスサービス(IJBS)労組の仲宗根光洋書記長がマイクを握り、「労働組合の闘いこそが沖縄の基地を撤去する力だ。闘う労働組合を復権し、沖縄全島ゼネストをかちとり、日韓労働者の国際連帯で朝鮮侵略戦争を止めよう! それを呼びかける沖縄闘争にしていきましょう」とアピールしました。
 また沖縄大学学生自治会の赤嶺知晃委員長は、警視庁公安部によるA君の不当逮捕と沖大生宅への不当捜索を徹底的に弾劾し、「弾圧は僕らの闘いに対する安倍政権の恐怖の表れです。今日のデモに始まる沖縄闘争を意気高く闘って、不当逮捕されたA君を必ず奪還しましょう」と訴えました。
 「基地撤去!」「安保粉砕!」「非正規職撤廃!」「国際連帯で戦争止めよう!」――青年労働者と学生を先頭とするデモ隊は、沿道の市民や観光客からの熱い注目を集めながら、ハーバービュー通りと国際通りを抜けて久米公園まで元気に行進しました。デモ終了後、参加者はすぐ隣りの沖縄県青年会館での「『復帰』44年5・14沖縄集会」に合流しました。
P5141746_convert_20160531133226.jpg
 5・14沖縄集会は、沖縄闘争の歴史と民主労総のゼネスト闘争のドキュメントビデオ上映で始まりました。続いて司会の青年労働者から、民主労総ソウル地域本部の2人が入管当局によって入国を阻まれ、那覇空港で足止めされていることが報告されました。主催者あいさつに立った宮城盛光さん(北中城村議)は、会場の怒りの声を代弁して入管当局の暴挙を弾劾しました。
 IJBS労組の富田晋委員長が集会の基調提起を行い、冒頭、「民主労総が来るということは、沖縄闘争がこれまでを画する歴史的な段階に入ることを意味する。労働者が獲得すべきは全世界だ。これが『復帰』44年の沖縄闘争だ」と高らかに宣言。
 続いて安倍政権による派遣法改悪と日米間で15年12月に締結された新特別協定により、基地労働者の総非正規職化攻撃が始まったことを明らかにし、「ここをめぐる闘いが最大の決戦だ。基地労働者が動くとき日米安保は粉砕される」「IJBS労組の闘いを通じて、私たちは小規模な職場でも数十人の『ゼネスト指導部』をつくり出せることを証明した。地域と職場を両輪に労働を奪還する意義をつかんだ。それは資本家に奪われたすべての労働を奪還する闘いだ。この中に獄中41年の星野文昭さんの闘いが輝き、全人民の力で星野さんを奪還する中身がある」と提起しました。
 さらに「ゼネストを実現する力は、職場と社会の怒りに依拠し、それを体現する拠点労組と闘う指導部の確立、そしてその団結の拡大にこそある」と強調しました。
 最後に富田委員長は、動労総連合の建設・拡大と6・5国鉄全国集会への結集、7月参院選勝利、11月労働者集会への決起を呼びかけ、勝利の展望に満ちた圧巻の基調提起を締めくくりました。
 連帯あいさつを百万人署名運動の川添順一さん、星野文昭さんをとり戻そう!全国再審連絡会議の星野暁子さん、福島診療所建設委員会の渡辺馨さん、ふくしま共同診療所の馬場令子さんが行い、また熊本大震災・被災地支援を呼びかける特別報告を福岡県労組交流センターの山本進さんが行いました。
 集会後半に入り、民主労総の入国が実現されたことが司会から報告され会場が勝利感に沸く中、動労千葉の繁沢敬一副委員長が6・5国鉄集会への結集の呼びかけを行いました。
 決意表明として婦人民主クラブ全国協沖縄支部の和田邦子さん、沖大自治会の赤嶺委員長、全学連の坂野陽平書記長、元基地労働者の水島満久さん、IJBS労組の仲宗根書記長、国鉄闘争全国運動・沖縄呼びかけ人の金城幸男さんが次々とマイクを握りました。
 午後8時半、ついに民主労総ソウル本部のチャンソクジュ首席副本部長とパクチャンスン政治委員長が会場に姿を見せ割れるような拍手と歓声の中を2人が笑顔で登壇。パク政治委員長がマイクをとり「戦争反対! 軍事基地撤去! 闘う沖縄の同志たちにあいさつを申し上げます。トゥジェン(闘争)!」と朗らかにあいさつした後、朝鮮半島で核戦争の危機が切迫していることを訴え、広島を訪問する米オバマが「核兵器の近代化」のために1兆㌦を投入していることを批判しました。そして「民主労総ソウル本部は、侵略戦争はもちろん、すべての戦争に反対し、核兵器のない世の中を熱望し、そのために一生懸命闘争します」と熱烈に語りました。会場全体がもう一度、大きな拍手で応えました。(写真3枚目)
P5141748_convert_20160531133252.jpg

P5151762_convert_20160531133319.jpg
 5月15日の午前中、東海合同労組は普天間基地や嘉手納基地など基地巡りを行う部隊と県民大会などへのビラまき部隊に分かれて行動し、その後、県民大会に合流しました。(写真4枚目)
 「復帰44年5・15平和とくらしを守る県民大会」の会場となった那覇・新都心公園では、全国労組交流センター、全学連、星野文昭さんをとり戻そう!再審連絡会議、福島診療所建設委員会、全国農民会議などが大会参加者への情宣活動を行いました。平和行進を終えて続々と会場に結集してくる労働者に闘う労働者の新聞『前進』が約1500部、6・5国鉄闘争全国集会のタブロイド版ビラが約1300部も配布され、国鉄解雇撤回を求める新署名は178筆集まりました。
 県民大会終了後は、沖縄労組交流センターの呼びかけで新都心公園から那覇市内を行進するデモに出発しました。(写真5枚目)
P5151764_convert_20160531133350.jpg
 動労千葉の繁沢副委員長やIJBS労組の仲宗根書記長と並んで、民主労総の2人が先頭で横断幕を持って行進したまし。「ゼネストやって基地をなくそう!」「国際連帯で戦争とめよう!」のコールが、多くの県民大会参加者や沿道の人びとの耳目を引きつけました。(写真6枚目)
 デモ終了後、解散地点の牧志公園でIJBS労組・富田委員長の音頭で団結ガンバローを三唱。翌16日のIJBS門前闘争や沖大集会・デモに向けてさらに力いっぱい闘う決意を打ち固めました。
P5151771_convert_20160531133418.jpg

P5151783_convert_20160531133442.jpg
 5月15日夕、沖縄県青年会館でIJBS労働組合支援共闘会議の第3回総会が100人で開かれました。派遣労働者が99%を占める職場で闘うIJBS労組の解雇撤回闘争は、いよいよ派遣法を覆す闘いに入りました。
 「1年間の闘いでわかったことは、派遣労働者という立場の脆弱(ぜいじゃく)性と違憲性、そして労働運動でこれを覆すことができる確信と展望だ」。仲宗根書記長は自信をもって闘いの報告を行いました。(写真7枚目)
 「派遣法では派遣先企業と争えないとしている。国鉄時代の解雇はJRと争えないという国鉄改革法と同じ関係だ。派遣元―派遣先、あるいは国営―民営で責任の所在をあいまいにし、労働者を団結させないで徹底的に搾取し無権利にする派遣法は許せない」と断罪しました。
. そして「動労千葉は1047名解雇撤回闘争でJRを表舞台に引きずり出した。IJBS労組も反合・運転保安闘争路線で職場の力関係をひっくり返し、派遣先企業を引きずり出すかどうかのところまで追い詰めている。私たち派遣労働者が闘いに立ち上がれば社会を変えられる」と沖縄全島ゼネストの展望を鮮明に語りました。
 支援共闘会議呼びかけ人で元全駐労マリン支部副委員長の水島満久さんは「基地労働者の中にも非正規労働者を解雇する『3年、5年』問題が適用されようとしている。基地労働者の闘いが動く時に沖縄闘争は動く。IJBS労組の闘いはその先駆けだ」と訴えました。
 連帯のあいさつを、全国金属機械港合同の木下浩平執行委員、精研労組、動労総連合からは動労水戸の石井真一委員長、動労千葉青年部のCTS労働者、動労総連合・新潟の八代和幸さん、動労西日本の山田和広書記長が行いました。
 翌16日早朝、IJBS社前には全国の労組の赤旗が翻り、連帯のアピールが次々に発せられました。(写真8枚目)
 IJBS労組の富田委員長や仲宗根書記長がマイクで訴え、車で出勤する労働者一人ひとりに昨日の総会を報告するビラを手渡すと職場の労働者は笑顔で応えました。
 民主労総ソウル地域本部のチャンソクジュ首席副本部長もマイクを握り「このような現場に呼ばれて本当にうれしい。そして発言できてたいへん光栄です。私も同じ解雇労働者です。就業規則を変えて簡単に非正規労働者を解雇するという日本の現状を聞きました。日本の現実は韓国の現実でもあります。非正規労働者も正規労働者も同じ労働者としてともに闘わなければなりません。民主労総の歴史は闘争の歴史です。このような小さな一つひとつの闘いを通して、血と汗と涙を流しながら、現在の民主労総をつくり上げてきました。闘う労働組合は勝利できます。勝利できる労働者こそ歴史をつくることができます。みなさんの闘いは希望です。労働者は国境を越えて階級的に一つです。民主労総ソウル本部もIJBS労働者と連帯して闘います。トゥジェン!」
 富田委員長は「IJBS労組解雇撤回闘争は国境を越え、非正規職を撤廃し、派遣法を廃止し、戦争を止めてこの社会を変える大きなうねりとなり始めました。職場のみなさん、希望はあるんです! この職場からすべてを変えていこう!」と締めくくりました。
 このあと、部隊はバスで辺野古新基地建設が行われているキャンプ・シュワブに行き、富田IJBS労組委員長の説明を聞き、辺野古新基地建設に怒りを新たにしました。
 東海合同労組沖縄派遣団闘争は、これで終了し沖縄土産などを買って、無事に中部国際空港に戻ってきました。「ひめゆり部隊など戦跡めぐりが出来て良かった」(初参加の青年労働者)「来年も行くぞ」(かつての青年)など意義ある沖縄派遣団闘争になりました。(W記)
P5161787_convert_20160531133518.jpg
スポンサーサイト
東海合同労組へは?
東海合同労組には、事務所が2か所あります。
名古屋(金山)
(〒456-0012)名古屋市熱田区沢上1-6-12
TEL&FAX…052-710-1700
携帯…090-9337-4275
三重(四日市)
(〒510-0067)四日市市浜田町14-10 シャンピアスズキ 702号室
TEL…090-9268-0670
メールでは tokai_goudou@yahoo.co.jpまでメールをお寄せください。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
リンク