FC2ブログ
東海合同労組は、1人でも入れる職種を越えた労働組合です。 正社員だけでなく、パート・アルバイト・派遣・請負の皆さんも入れます。 組合に入ることで、闘う武器を手にしましょう!
QRコード

東海合同労組

Author:東海合同労組
携帯・スマホからでもOKです

東海合同労組へは?
東海合同労組には、事務所が2か所あります。
名古屋(金山)
(〒456-0012)名古屋市熱田区沢上1-6-12
TEL&FAX…052-710-1700
携帯…090-9337-4275
三重(四日市)
(〒510-0067)四日市市浜田町14-10 シャンピアスズキ 702号室
TEL…090-9268-0670
メールでは tokai_goudou@yahoo.co.jpまでメールをお寄せください。
月別アーカイブ
「36(サブロク)協定書」に関する労働者代表の意見書(宝タクシー第一(株)南営業所)


宝タクシー第一株式会社
代表取締役 笠原 猛 殿
                             2019年3月13日

                    宝タクシー第一(株) 労働者代表  坂野康男
                     (東海合同労働組合 宝交通分会 分会長)

【1】乗務員の十分な生活ができる賃金を支給せよ!

「時間外労働及び休日労働に関する協定書」(以下、「36協定書」と記す)の第1条には、「甲は、時間外労働及び休日労働を可能な限り行わせないように努める。」とあります。
この第1条は、時間外労働及び休日労働を抑制することがこの協定書の趣旨であることを、規定したものです。
そしてこの第1条は、乗務員の場合、十分な生活ができる賃金が支給される給与体系にすることが前提になると考えます。なぜなら、乗務員の場合、歩合制賃金制度を基礎にしているために、無理をして長時間労働を強いられる現実があるからです。
「乗務員は無理をして長時間労働をしている」と思うか否かのアンケート調査結果で、44名中24名(54.54%)が「そう思う」と回答しています。(2頁参照)
無理をして長時間労働を強いられる現実があることは、明らかです。
従って、東海合同労働組合宝交通分会の坂野分会長は、労働者代表として、乗務員の十分な生活ができる賃金が支給される給与体系にすることを、要求します。

【2】南営業所に設置されたファイル帳に労働者代表の意見書を添付せよ!

 東海合同労組宝交通分会の坂野康男分会長が労働者代表になった以降は、「就業規則(変更)届」のファイル帳に労働者代表の意見書が添付されていません。
ファイル帳に今までの労働者代表の意見書および今回の労働者代表の意見書を添付することを要求します。                           

【3】「36協定書」に関する坂野康男労働者代表の意見


「36協定書」に関する坂野康男労働者代表の意見は、上記【1】に掲載しました。
その上で坂野康男労働者代表は、異議を留保してやむなく署名・押印をしました。
                                       以上

「36(サブロク)協定書」に関するアンケート

【1】「36協定書」に関するアンケートへの協力を訴えて44名回答

労働者代表として全乗務員からアンケートを取るために、坂野労働者代表は、本年2月19日~2月21日の3日間の全体研修で、「36協定書」に関するアンケートへの協力を訴えて、44名(内浜営業所乗務員を含む)から回答を得ました。

【2】アンケートの設問と回答結果は以下の通りです。(無回答あり)

■乗務員が受け取る歩合制賃率は60%以上(  賛成 43 反対  1 )

■乗務員が受け取る歩合制賃率は現状のまま(  賛成  7 反対 35 )

■乗務員は無理をして長時間労働をしている(そう思う 24 そうは思わない 19)

【3】アンケートへの乗務員の意見

◆賞与の支給規定がおかしい。年金受給者の勤務しやすい就業体制をつくるべき。
◆システム もっとOPENにして欲しい。
◆坂野代表に一任します。
◆交替手当の付加 日当り500円程度×日数 時間に制約、引き継ぎ、相互の信和を考慮して欲しい 
◆長時間労働無理をして病気になる人が多いように思います。        以上
                                                
                                    

スポンサーサイト



2019/03/17 20:00 未分類 TB(0) CM(0)
ブログ内検索