FC2ブログ
東海合同労組は、1人でも入れる職種を越えた労働組合です。 正社員だけでなく、パート・アルバイト・派遣・請負の皆さんも入れます。 組合に入ることで、闘う武器を手にしましょう!
QRコード

東海合同労組

Author:東海合同労組
携帯・スマホからでもOKです

東海合同労組へは?
東海合同労組には、事務所が2か所あります。
名古屋(金山)
(〒456-0012)名古屋市熱田区沢上1-6-12
TEL&FAX…052-710-1700
携帯…090-9337-4275
三重(四日市)
(〒510-0067)四日市市浜田町14-10 シャンピアスズキ 702号室
TEL…090-9268-0670
メールでは tokai_goudou@yahoo.co.jpまでメールをお寄せください。
月別アーカイブ
 東海地方の労働者市民の皆さん、日々の労働、お疲れ様です!!
 東海合同労組青年部主催のロシア革命史学習会ですが、

11月17日(日)13時~ 第11回ロシア革命史学習会
12月 8日(日)13時~ 第12回ロシア革命史学習会


上記予定で、再び、開催いたします☆

 さて、10月20日に開催した、第10回ロシア革命史学習会については、10・6学習会参加者を先頭に、「安倍政権打倒後、直ちに、労働者市民が主人公の社会を建設しよう!!」と燃える労働者市民たちの参加で、成功裏に開催し、第四章「コミンテルンとドイツ革命」を、すべて読み通すことが出来ました☆
 以下は、小まとめ的な議論で出てきた感想です。


・「レーニンの思想的継承者が、何故、当時、現れなかったのか。一人のレーニンという英雄主義ではなく、一人ひとりがレーニンとならねば・・・」。
・「(上記感想に踏まえて)『共産主義における左翼空論主義』や、『帝国主義論』、『国家と革命』など、レーニンの理論・原典にあたることが重要。改めて、これらの著作を学び直したい」。
・「実は、学生時代は無政府主義に傾倒してて、ソ連に対する俗流的な反発心から、右翼思想に走ってた時期もある。だけど、第四章を読んで、ロシア革命や、レーニンに対する誤解が解けた。今こそ、闘う労働組合の復権を!! 労働者市民が主人公の社会を!!」。


 11月17日は、13時から、東海合同労組金山事務所にて、第11回ロシア革命史学習会を開催し、第四章「コミンテルンとドイツ革命」の再確認と、総括的な議論を深めていく予定です。
 また、12月8日には、第五章「ロシア革命と世界革命」を、学習していく予定です。


 この社会の根本変革を目指す、労働者市民の皆さんの参加を、訴えます☆


テキスト:現代革命ライブラリー第2巻(発行:出版最前線)
『ロシア革命 現代世界の起点
   革命勝利からスターリン主義的変質まで』

※テキストは、アマゾンや、ジュンク堂・丸善で購入できます。 
 
 東海地方の労働者や、安倍打倒を本気で闘う市民の結集を
訴えます☆

主催:東海合同労組青年部

〒456-0012
愛知県名古屋市熱田区沢上1-6-12
 電話番号:052-710-1700
携帯番号:090-9337-4275
 メール:tokai_goudou@yahoo.co.jp
ブログ:http://tokaigoudourouso.blog33.fc2.com/

※場所が分かりにくいので、
当日、金山駅から大津通を南に5分の
沢上郵便局か服部病院近辺から、
上記電話番号までお電話ください。

スポンサーサイト



2019/10/29 14:55 未分類 TB(0) CM(0)
ブログ内検索