FC2ブログ
東海合同労組は、1人でも入れる職種を越えた労働組合です。 正社員だけでなく、パート・アルバイト・派遣・請負の皆さんも入れます。 組合に入ることで、闘う武器を手にしましょう!
QRコード

東海合同労組

Author:東海合同労組
携帯・スマホからでもOKです

東海合同労組へは?
東海合同労組には、事務所が2か所あります。
名古屋(金山)
(〒456-0012)名古屋市熱田区沢上1-6-12
TEL&FAX…052-710-1700
携帯…090-9337-4275
三重(四日市)
(〒510-0067)四日市市浜田町14-10 シャンピアスズキ 702号室
TEL…090-9268-0670
メールでは tokai_goudou@yahoo.co.jpまでメールをお寄せください。
月別アーカイブ
PC041331_convert_20151204191856.jpg
 12月4日16時より、不当逮捕されたイラク派兵国賠裁判原告の勾留理由開示公判が名古屋簡易裁判所にて開かれました。
 急を聞いて駆けつけた支援の数は、なんと20名。傍聴席を詰め合いながら全員が座る中、裁判官が勾留理由の開示を行いました。
 それに対しイラク派兵国賠裁判原告が意見陳述を行い無実を訴えました。また秋田弁護士と増本弁護士が、「不当逮捕の目的は、イラク派兵裁判原告の反権力の闘いを抑圧するものだ。」などと意見陳述を行い裁判官を圧倒しました。
 時折、傍聴席から「そうだ」の声が上がります。勾留理由開示公判は、16時37分までかかるという異例の展開になりました。
 裁判長が「これで終わります」と言うなり傍聴席からは「熱田警察署の弾圧を許さないぞ」「頑張って」という声がそこかしこから上がり、イラク派兵裁判原告は元気な笑顔を傍聴席に返していました。
 弁護士会館に移動して秋田弁護士からの報告および支援者との意見交換を行い、今後も支援活動をすることを確認しました。
 勾留理由開示公判が始まるに先だって、池田裁判をともに闘う会は名古屋地裁前でノボリを立てて「イラク派兵・負傷国賠裁判つぶしをねらう裁判原告への不当な逮捕・勾留を弾劾する!」との「12・2東海合同労組執行委員会声明」を配布しました。(写真)
スポンサーサイト
2015/12/04 19:50 未分類 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://tokaigoudourouso.blog33.fc2.com/tb.php/543-d0504aa4
ブログ内検索