FC2ブログ
東海合同労組は、1人でも入れる職種を越えた労働組合です。 正社員だけでなく、パート・アルバイト・派遣・請負の皆さんも入れます。 組合に入ることで、闘う武器を手にしましょう!
QRコード

東海合同労組

Author:東海合同労組
携帯・スマホからでもOKです

東海合同労組へは?
東海合同労組には、事務所が2か所あります。
名古屋(金山)
(〒456-0012)名古屋市熱田区沢上1-6-12
TEL&FAX…052-710-1700
携帯…090-9337-4275
三重(四日市)
(〒510-0067)四日市市浜田町14-10 シャンピアスズキ 702号室
TEL…090-9268-0670
メールでは tokai_goudou@yahoo.co.jpまでメールをお寄せください。
月別アーカイブ
P3111559_convert_20160314094443.jpg
  東日本大震災と福島第一原発事故から5年を迎えた3月11日、福島県郡山市で3・11反原発福島行動16が開催され、1050人が集会とデモを闘いぬきました。東海合同労組と愛知労組交流センターとNAZEN東海と池田裁判をともに闘う会も、共に闘いました。
P3111589_convert_20160314094705.jpg
  5年の年月を経ても、岩手、宮城、そして福島の人たちの心から悲しみと怒りが消えることはありません。日々の労働と生活を重ねる中、その思いは深まるばかりです。新自由主義による2万人を超える労働者民衆の大虐殺と古里を奪われたことへの怒り、福島圧殺・帰還強制、小児甲状腺がんの多発などの命と健康の破壊に対する怒りが根底から解き放たれ、全原発廃炉、新自由主義にいきついた資本主義社会の根本的な変革に向かって巨万の決起が始まるのはこれからです。
P3111553_convert_20160314094352.jpg
 原発事故から5年の「3・11フクシマ」はこの新たな闘いの出発点となりました。その先頭を担うべく動労福島を軸とした福島の労働組合の本格的闘いが開始され、動労総連合の全国的建設がさらに前進しています。
  会場の開成山公園・野外音楽堂には動労千葉・動労水戸・動労福島などの動労総連合の旗・のぼり、全国の労組ののぼりが翻り、安倍政権の原発再稼働と戦争政治への怒りと闘いの決意は一層高まりました。
  集会には韓国・民主労総ソウル地域本部、アメリカ・運輸労働者連帯委員会、ドイツ・ゴアレーベン核廃棄物処分場建設反対同盟のケアスティン・ルーデックさんからの熱い連帯のメッセージも寄せられました。
  午後1時、実行委員長の橋本光一・動労福島委員長の主催者あいさつで集会が始まりました。(写真上3枚目)
  橋本さんは、京都大学の反戦バリストへの大弾圧を弾劾したのち、「ゼネストで闘っている韓国の民主労総と固く団結し、今日の行動をやりぬこう。動労福島は3・24ストライキを決断した。反原発を闘う労働組合を全国につくろう。動労総連合を全国につくろう!」と意気高く訴えました。
P3111570_convert_20160314094545.jpg
  浪江町・希望の牧場代表の吉沢正巳さんは、福島原発事故が引き起こした恐るべき現実と原発への天をも衝(つ)く怒りを語り、「広く深い実力闘争のうねりをつくり出そう」と熱烈に叫びました。(写真上4枚目)
P3111575_convert_20160314094610.jpg
  京都大学の反戦バリストへの大弾圧と不屈に闘っている全学連の学生が大挙して登壇し、京都大学の纐纈(こうけつ)貴文さんが「6人を必ず奪還する」と力を込めてアピールを行いました。(写真上5枚目)
P3111595_convert_20160314094726.jpg

P3111625_convert_20160314094750.jpg
  午後3時、デモの出発です。「3・11反原発福島行動」の横断幕が先頭の力強いデモに多くの労働者・市民が注目しました。東海合同労組と愛知労組交流センターとNAZEN東海と池田裁判をともに闘う会は、ノボリをかかげて元気よくデモとコールを行いました。(写真上7枚目)
  P3111629_convert_20160314094825.jpg
  デモの沿道では、2人の幼児を連れた若い母親は「私の子どもたちは今回は甲状腺検査で異常なかったが、心配です」と不安を口にしました。自宅から出てきた女性は「人間のつくったもので安全なものなんてない。放射線の影響でこの辺は鳥も少なくなった。福島第一原発の廃炉だって何十年かかるかわからない」と思いのたけを語りました。
  デモ隊に拍手を送っていた男性は「福島の人は政府のことなんか誰一人信じてない。さんざんだまされてきたんだ。甲状腺がんは放射能の影響だ!」と、怒りをあらわにしました。そしてデモに合流する青年も現れました。
P3111673_convert_20160314094846.jpg
  解散地点の郡山駅前では、この日ストライキを打ち抜いている動労千葉の中村仁さんとともに動労総連合の青年労働者が次々とマイクを握り、「解雇を撤回させる!」「ストライキに決起する!」と解放感あふれる決意表明。橋本光一さんがまとめを行い、「今日の闘いで動労福島が地区の労働運動の軸になって闘える自信が強固になった」と力強く結びました。(写真下から2枚目)
 闘う仲間の皆さん!3・11反原発福島行動の成功を新たな出発点に、東海合同労組と愛知労組交流センターとNAZEN東海と池田裁判をともに闘う会の組織と運動を拡大していきましょう!
         (東海合同労組 執行委員長 坂野康男)
P3111675_convert_20160314094909.jpg
スポンサーサイト
2016/03/14 10:03 未分類 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://tokaigoudourouso.blog33.fc2.com/tb.php/559-ce1bb035
ブログ内検索