10・22東海集会in名古屋へ!!


20171022ビラ_おもて面(確定稿・アウトライン済)_0120171022ビラ裏面(アウトライン済)_01

(※ファイルサイズの都合上、JPG版のみの掲載とします)

講演
イラク派兵で負傷、パワハラ・退職強要と闘う! 池田頼将 元3等空曹
PKOイラク派兵国賠裁判報告            池田自衛隊裁判弁護団

など 

日時:10月22日(日) 13:15~16:30
場所:名古屋市教育館(名古屋市中区錦3-16-6) 第8研修室
名古屋市営地下鉄東山/名城線「栄」駅 2番、3番、10B番出口すぐ
名鉄瀬戸線「栄町」駅下車、徒歩約5分


以下、
イラク派兵で負傷・池田裁判をともに闘う会の記事より転載します

戦争と改憲、民営化と労働法制改悪に反対する大行動
 池田自衛隊裁判をともに闘う会は、10月22日名古屋市教育館(栄)において、集会を開催します。
集会では、昨年10月集会以降の池田自衛隊裁判の公判再開にむけた弁論準備を、国賠裁判弁護団から詳しくお聞きします。
今回の主要なテーマは、「警務隊記録の文書提出命令」についてです。池田さんは、2010年12月には公務災害認定による療養給付を強引に打ち切られ、その後相次いでパワハラを受けて退職に追い込まれていきます。
 池田さんは、イラク派兵で負傷した怪我の後遺症で体力も落ち、精神的にも不安定になっていきますが、そうしたなかで2011年6月末から7月にかけて、隊内で暴行され負傷すると同時に、配転されるというパワハラを受けます。
 自衛隊は、傷害事件の加害者を守り、池田さんを悪者に仕立て上げて通信隊から追い出したのです。この時、加害者を守ろうと自衛隊が組織ぐるみで動いたことを示す当事者を取り調べた記録などを「警務隊記録」と呼んでいます。
 名古屋地裁は、この「警務隊記録」の文書提出命令を認めず、名古屋高裁も抗告を棄却、最高裁への特別抗告も棄却されました。
 国賠裁判における「警務隊記録」の持っている位置と、この文書提出命令をめぐる現在の攻防について、弁護団からの報告に是非ご注目ください!

 原告の池田さんから あいさつ この一年、裁判への支援は全国に広がり、会員も100名を超えました。池田さんへの不当な監視や裁判つぶしの圧力はまだ続いていますが、自衛隊の責任のがれや事件の隠蔽を許さず、弁護団と一体でこれからも闘いぬいていきます。
 池田さんからも、近況の報告とともに、裁判の山場にむかって闘い抜いて行く決意や、裁判の長期化のなかでかわらぬご支援の訴えがあります。
 是非、集会への賛同と参加をお願いします。(転載ここまで)

闘う労働組合を甦らせよう! 国鉄闘争勝利! 
戦争と民営化・労働法制解体に反対する1万人大行動(東京―ソウル国際共同行動)
11・5全国労働者総決起集会/改憲阻止!1万人大行進への賛同と参加のお願い(抜粋)

 戦争への歯止めがはずれようとしています。安倍政権は、安保関連法(戦争法)や共謀罪制定を強行し、「2020年新憲法施行」を表明しました。森友・加計学園、防衛省・日報問題は、政権中枢の恐るべき不正と腐敗を明るみに出しました。安倍政権は危機に揺ぎながらも、自民党改憲案を今秋臨時国会に提出するという方針を変えていません。「改憲阻止」は、戦後日本の労働運動の一貫とした最大の課題でした。二度と戦争を許してはならない。その原点に帰ってすべての怒りの声を結集しなければいけないとです。

 安倍政権は、「働き方改革」と称して、戦後労働法制に最後の一撃を振り下ろそうとしています。
その核心は「正社員ゼロ(総非正規職化)、解雇自由」社会をつくることにあります。
来年4月から始まる「無期雇用転換」は、最低賃金レベルの「名ばかり正規職」を生み出す重大な攻撃です。その対象者は450万人。雇用が根底から破壊されようとしています。さらに、社会丸ごと民営化、社会保障制度解体、地方切り捨てが進められています。「社会の総崩れ」が始まろうとしています。

 戦前の産業報国会化、1950年朝鮮侵略戦争の最中に起きた産別会議解散と総評結成、そして国鉄分割・民営化と総評解散・連合結成に継ぐ4度目のナショナルセンター再編が始まろうとしています。それは、労働運動の変革・再生が俎上にのぼる情勢が到来していることを示すものです。

 11月集会は、イラク戦争をきっかけに、戦争と新自由主義に反対する労働者の国際連帯闘争として発展し、
昨年は、韓国・民主労総ソウル地域本部と共に「東京―ソウル国際共同行動」を全世界に呼びかける画期的な取り組みが成功しました。
今年も韓国・民主労総、ドイツ機関士労組、アメリカ国際港湾倉庫労組(ILWU)など多くの海外代表を迎えて開催されます。
 
 20周年の節目の年にあたり、新たな飛躍への決意を込めて、本年の11月労働者集会を呼びかけます。
労働運動再生への新たな一歩を踏み出したいと考えています。改憲と戦争を止め、新自由主義攻撃を終わらせよう。
11・5全国労働者総決起集会、改憲阻止!1万人大行進への参加と賛同を心から訴えます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

東海合同労組へは?
東海合同労組には、事務所が2か所あります。
名古屋(金山)
(〒456-0012)名古屋市熱田区沢上1-6-12
TEL&FAX…052-710-1700
携帯…090-9337-4275
三重(四日市)
(〒510-0067)四日市市浜田町14-10 シャンピアスズキ 702号室
TEL…090-9268-0670
メールでは tokai_goudou@yahoo.co.jpまでメールをお寄せください。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
リンク