FC2ブログ
東海合同労組は、1人でも入れる職種を越えた労働組合です。 正社員だけでなく、パート・アルバイト・派遣・請負の皆さんも入れます。 組合に入ることで、闘う武器を手にしましょう!
QRコード

東海合同労組

Author:東海合同労組
携帯・スマホからでもOKです

東海合同労組へは?
東海合同労組には、事務所が2か所あります。
名古屋(金山)
(〒456-0012)名古屋市熱田区沢上1-6-12
TEL&FAX…052-710-1700
携帯…090-9337-4275
三重(四日市)
(〒510-0067)四日市市浜田町14-10 シャンピアスズキ 702号室
TEL…090-9268-0670
メールでは tokai_goudou@yahoo.co.jpまでメールをお寄せください。
月別アーカイブ
 日本郵便東海支社は、飲酒運転などの労働者による会社への信用失墜行為が発生していることを理由に、名東郵便局を通じて石浜分会長に対して、2月15日に月1回の「JPモラルアップ研修」を行うことと「JPモラルアップ宣誓書」に署名・押印し、提出することを通告してきました。
 石浜分会長は、「JPモラルアップ宣誓書」の提出は会社が労働者を監視するものであり、唯々諾々と署名・押印することはできないと考え、組合案件とする旨を名東郵便局に通告しました。 

 その後、郵政分会は、分会会議を開き、「JPモラルアップ宣誓書提出の強制に反対する!」という表題の文書を3月1日に名東郵便局に対して出しました。この文書で、モラルアップより、労働条件の改善が優先であること、「JPモラルアップ宣誓書」提出の強制はモラハラであり、憲法に定める基本的人権の尊重や、思想良心の自由を侵すものである、と指摘し、宣誓書の提出をしない場合、「就業規則等に基づいて処分をするのか」「スキル評価について、何らかの影響をあたえるのか。」などと釈明要求をしました。

 その結果、名東郵便局から「宣誓書への署名押印は業務命令ではない」「宣誓書への署名押印を拒否したことによる懲戒処分やスキル評価の変更や影響はない」と回答を引き出しました。
 組合の怒りの釈明要求によって勝ち取った勝利です。

 また、東海支社以外では、喫煙に関して「宣誓書」の署名・捺印を求めらている、との情報を聞いています。
 現場労働者が団結し、一人の拒否からみんなの拒否へ、みんなの拒否から施策の廃止にすることは可能です!

合同・一般全国協議会傘下の組合に結集し、
ともにハラスメント施策の廃止へ闘いましょう!!

スポンサーサイト



2019/05/08 17:53 未分類 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://tokaigoudourouso.blog33.fc2.com/tb.php/651-459e44a6
ブログ内検索