2月5日『アメリカ情勢学習会』報告♪

東海地方の青年労働者&学生の皆さま。私たちは、東海地方で、労働運動を闘う、東海合同労組です♪

私たち東海合同労組青年部は、本日、2月5日、告知しておりました『アメリカ情勢学習会』を成功裏に開催いたしました。

アメリカ情勢に関しては、日本のメディアなど、様々な見解を出しておりますが、労働者階級にとっての展望を示すものは皆無であります。
今回の学習会の中で出た大統領選の得票状況などから、アメリカの『トランプ現象』なるものは、日本のメディアが報道しているような「トランプ=共和党の圧倒的勝利」ではなく、「クリントン=民主党の敗北」であり、その背景には、「労働者の味方」の『幻想』を煽りながら、実際は『新自由主義遂行』であったオバマ民主党政権と、その『新自由主義』の破綻に対する労働者階級の反乱であることが鮮明となりました。
また、アメリカの激動情勢は、青年労働者・学生が、「自分たちが主人公」たる世界に変えていく猛烈なるチャンスであることも、鮮明となりました。
そして、アメリカ労働者階級の『反共和党・反民主党』の闘いから、労働者階級としての展望が示され、参加者一同が「日本の青年労働者と学生も、闘っていいんだ!! 闘うべきなんだ!!」と言う熱い感動を共有いたしました。

トランプの『TPP離脱』では、青年労働者から、「そう言えば、日本共産党は『綱領』で”異常な対米従属が問題”としてる。だけど、トランプのTPP離脱宣言と、それを巡る安倍自民党の対応は、”異常な対米従属”では説明不能。安倍は明らかに、日本の支配層の利益のために動いている」と言う発言が為されました。
加えて、トランプの大統領就任に関しては、「二大政党制の崩壊だ」と言うことや、「共和党も民主党も、どっちもどっち。新しい労働者党建設がアメリカの課題であるし、その闘いが始まってるんだ」と言うことが議論されました。

その到達として、「日本でも、日本共産党とかが、”野党共闘 v.s. 自民党”とか言ってる。だけど、そんなアメリカの二大政党制のパクリでは、安倍政治の本質的打倒にならない。必要なのは、労働者自己解放の闘いなんだ!! 韓国やアメリカなどの労働者の闘いと団結する、国際連帯なんだ!!」と言うことが確認されました。

参加者一同、労働者階級としての飛躍的成長が勝ち取られた学習会となりました。

今回の勝ち取られた地平から、東海合同労組青年部は、来週2月12日の『東海労働者集会』に決起します。
東海地方のすべての青年労働者・学生の皆さまに、来週2月12日の『東海労働者集会』への結集を訴えます☆


すべての青年労働者と学生よ、団結せよ!!


(東海合同労組青年部)

2月5日 アメリカ情勢&国家と革命学習会

東海地方の青年労働者&学生の皆さま。私たちは、東海地方で、労働運動を闘う、東海合同労組です♪

私たち東海合同労組青年部は、本日、1月29日、告知しておりました『韓国情勢学習会』を成功裏に開催いたしました。
韓国での新自由主義攻撃と戦争体制構築は、日本での『1億総活躍政策』を筆頭とするアベノミクス攻撃や『戦争法』体制構築、小池都政の新自由主義攻撃などと一体であり、全世界共通の課題であることが全面的に暴露される学習会となりました。
加えて、『世界最強の労働組合』韓国民主労総の闘いから、「戦争を止める力は労働者階級にある!!」ということも明らかになりました。

まさに、世界情勢は、『共産党宣言』末尾の、「万国のプロレタリア、団結せよ!!」が緊急であるということです。

その上で、参加した青年労働者から、「年始早々のアメリカ激動情勢について、労働者階級としての展望を掴みたい」という発言がなされました。

それを受け、東海合同労組青年部は、来週の2月5日に、『アメリカ情勢学習会』を開催することを決定いたしました。

これまた、突然の開催ではありますが、東海地方のすべての労働者、特に、青年労働者の皆さまと学生の皆さまの参加を、強く訴えます☆

すべての青年労働者と学生よ、団結せよ!!


開催日時:2017年1月29日 13:00~
場所&連絡先:東海合同労組 事務所
       〒456-0012
       愛知県名古屋市熱田区沢上1-6-12
       電話番号:052-710-1700
       メール:tokai_goudou@yahoo.co.jp
携帯電話:090-9337-4275

※場所が分かりにくいので、当日、沢上郵便局か服部病院近辺から、上記電話番号までお電話ください。


テキスト:『国際労働運動 vol.17』
      『国家と革命』
※上記いずれとも、東海合同労組でも取り扱っております。


(東海合同労組青年部)

1月29日 韓国情勢&『国家と革命』学習会開催決定!!

東海地方の青年労働者&学生の皆さま。私たちは、東海地方で労働運動を闘う、東海合同労組です♪

私たち東海合同労組は、昨年12月11日の東海合同労組定期大会にて、青年組合員で組織される「東海合同労組青年部」を結成したことを『宣言』いたします。

そして、東海合同労組青年部は、学習会企画の第一弾として、韓国民主労総のゼネストが切り開いた、韓国激動情勢と、レーニンの『国家と革命』の学習会を、今月1月29日に開催することを決定いたしました。

突然の開催ではありますが、東海地方のすべての労働者、特に、青年労働者の皆さまと学生の皆さまの参加を、強く訴えます☆


すべての青年労働者と学生よ、団結せよ!!


開催日時:2017年1月29日 13:00~
場所&連絡先:東海合同労組 事務所
       〒456-0012
       愛知県名古屋市熱田区沢上1-6-12
       電話番号:052-710-1700
       メール:tokai_goudou@yahoo.co.jp
携帯電話:090-9337-4275

※場所が分かりにくいので、当日、沢上郵便局か服部病院近辺から、上記電話番号までお電話ください。

テキスト:『国際労働運動 vol.15』
      『国家と革命』
※上記いずれとも、東海合同労組でも取り扱っております。


(東海合同労組青年部)


2017年 闘春!

2017年 闘春!

組合員の皆さん!闘う仲間の皆さん!

 2016年は、濱野鋼業分会の勝利和解、安藤運輸分会の組織拡大、郵政分会の結成、青年部の新設という躍進をしました。
 2017年は、その団結した力を打ち固めて団体交渉や労働委員会などの職場闘争をさらに前進させます。

 1月19日(木)13時から愛知県労働委員会で、東和交通分会の坂野分会長の証人尋問があります。
 坂野分会長(タクシー乗務員)の65歳以降の再雇用拒否は不当労働行為であることを明らかにする証人尋問です。
 組合員や闘う仲間の傍聴を訴えます。

 安倍政権の戦争・改憲、労働法制改悪を阻止するために、韓国民主労総ゼネストと連帯して、共に闘いましょう!


                                 東海合同労働組合
                                    執行委員長
                                    坂野康男

濱野鋼業分会が勝利和解を勝ち取る!(11・1愛知県労働委員会)

不当な配置転換の撤回と謝罪を勝ち取ったぞ!

 
 11月1日(火)、愛知県労働委員会の第3回和解期日で、東海合同労組は濱野鋼業(新日鉄住金の一次下請け)と以下の内容を柱とする和解協定書を締結しました。なお和解条項全文は「続きを読む」をクリックして下さい。

(1)戒告処分が理由のない処分であることを認めて取り消した上で、戒告処分が不当労働行為であることを認め謝罪し、今後同様の不当労働行為をしない誓約をする。
(2)2013年12月からの配置転換を不当だと認めた上で、2016年12月1日から安全衛生関係の補助業務に配置転換する。


 2014年5月17日に東海合同労組に加盟した榊原分会長は、不当な配置転換と退職強要を行ったY支店長などへの怒りを糧に東海合同労組との団結を形成しながら新たな闘いを開始しました。
 それまで所属していた組合は、2回の団体交渉を行って不当な配置転換の撤回を求めましたが、実現には至りませんでした。
 不当な配置転換撤回闘争(実質は退職強要攻撃との闘い)を柱とした団体交渉要求から2年6か月、2015年10月16日の戒告処分取り消しなどを求める愛知県労働委員会申立てから1年余り、ついに会社が白旗をあげる勝利和解を勝ち取ることが出来ました。
 東海合同労組は、合同・一般労組全国協議会(以下全国協と記す)傘下の各ユニオンの支援を得ながら勝利和解を勝ち取ったことにお礼を述べるものです。全国協傘下の各ユニオンの皆さん!ご支援ありがとうございました。

勝利の要因は何か

  最大の勝因は、榊原分会長の不当な配置転換と退職強要を行ったY支店長などに対する怒りと榊原分会長と執行部の団結を形成する分会会議の積み重ねなど榊原分会長の不屈の戦闘精神にあります。
 また濱野鋼業分会に対する東海合同労組組合員による団体交渉の起こしや労働委員会への参加などの団結形成がこの闘いを支えてくれました。
 そして全国協傘下の各ユニオンからの励ましのメッセージなどの支援があったことも榊原分会長の背中を押しました。
 それらに共通するものは何か。それは労働組合の団結です。当該が職場の中で孤立しようとも労働組合員として不屈に闘いぬく団結する精神があれば勝利は切り開くことが出来るという事です。

闘いは第2ステージに

 闘いは、第2ステージに入りました。12月1日からの安全衛生関係の補助業務の配置転換を勝ち取った勝利を武器に会社の安全軽視の在り方を正していく闘いに入ります。
 また和解協定書を武器にこれからも起きるであろう会社の不当労働行為との闘いも継続していきます。
 この勝利和解をブログで見た濱野鋼業や新日鉄住金の中で働く労働者の皆さん!会社の不当な扱いを許さず濱野鋼業分会と共に闘いましょう。

当該の榊原分会長のコメント

 東海合同労組と濱野鋼業㈱との間で2年6カ月にわたり闘われた私(榊原組合員)への不当な配置転換の撤回闘争や1年余にわたり闘われた戒告処分の撤回などを求める不当労働行為救済労働委員会闘争は、不当労働行為(懲戒処分が組合差別である)を濱野鋼業㈱に完全に認めさせ撤回と謝罪をさせる事が出来ました。
 更に100%まではいかないにしても、安全・衛生の補助業務に戻すことを2016年11月1日に和解協定書において確約させたことです。
 このことは、組合活動の非常に大きな成果であると確信しています。今後も東海合同労組と濱野鋼業㈱との攻防は継続しますが、このような大きな成果をあげることが出来たのは、とりもなおさず団結の力であると思っています。
 勿論、私(榊原組合員)自身も自分の信念を貫いたこともありますが、矢張り団結の力がいかに強いものかを痛感しました。今後とも決して団結の力を弱めることなく、更に強くしていきたいと考えますし、組合活動にとって最も重要なのは、繰り返しになりますが、団結の力であると確信しています。
 組合員の皆さんや合同・一般労組全国協議会のご支援に感謝申し上げます。 濱野鋼業分会 榊原分会長

続きを読む

東海合同労組へは?
東海合同労組には、事務所が2か所あります。
名古屋(金山)
(〒456-0012)名古屋市熱田区沢上1-6-12
TEL&FAX…052-710-1700
携帯…090-9337-4275
三重(四日市)
(〒510-0067)四日市市浜田町14-10 シャンピアスズキ 702号室
TEL…090-9268-0670
メールでは tokai_goudou@yahoo.co.jpまでメールをお寄せください。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
リンク